サプリメントの過剰摂取に気をつけよう!

サプリメントを摂取するときに、
まず注意しなければならないのは、
サプリメント過剰症になります。

サプリメント過剰症については、
各栄養素の効能・効果でも紹介していますが、
摂取する人によっては上限値に満たなくても、
症状がでる方もいると思われます。

サプリメント過剰症のおもな症状

ビタミンA 食欲不振、頭痛、吐き気、腹痛、発疹、眼球乾燥、皮膚の乾燥、知覚異常、月経異常、肝臓肥大
ビタミンB6 手足の運動失調、知覚神経障害
葉酸 興奮、不眠、てんかんを悪化させる
ナトリウム 血圧の上昇、のどが渇く
カリウム 胃腸の不調、下痢、血圧低下、不整脈
カルシウム 幻覚、脱力、食欲不振、腎・尿路結石
マグネシウム 傾眠(うとうとする)、低血圧
リン 腎機能の低下、骨代謝障害、副甲状腺機能亢進症
亜鉛 貧血
吐き気、腹痛、筋肉痛
マンガン 神経痛、不安感、脱力感、記憶・判断力障害、パーキンソン病

上記のような症状がみられた場合は、
以下の方法で対処してみてください。

  • サプリメントを摂るのをいったん中止し、症状がなくなるまでしばらく様子を見る。
  • 症状がなくなれば、以前飲んでいた半分の量から取り始め、少しずつ増やしていく。
  • 症状がおさまらなければ、そのサプリメントを摂るのをやめる。

また、上の表のような症状が出なくても、
体調が悪かったり違和感を感じるようであれば、
量を減らしてから少しずつ増やしていくようにし、
どうしても違和感がなくならないようなら、
利用しているサプリメントの摂取を中止しましょう。

サプリメントは薬と違うので副作用はほとんどありませんが、
まれに副作用が発生する可能性があります。
その場合は、摂取を一旦中止して量を減らしてみたり、
合わないようであれば摂取をやめることも必要です。

サプリメントの組み合わせや薬との併用について

サプリメントを摂取するときに、
一緒に摂るとその効果が半減してしまう組み合わせや、
併用に気をつける必要のある薬があります。

効果が半減してしまう組み合わせ

併用に気をつけなければならない薬

サプリメントの保存方法

サプリメントには使用期限が明記されていますが、
この使用期限は開封していない場合の期限になります。

使用期限は開封してから、
約一年と考えるのが良いでしょう。

開封後に注意しなければいけないのは湿気です。

冷蔵庫に入れる必要はないですが、
しっかりとフタを閉めて、
日の当たらない涼しい場所で
保管するようにしましょう。

もし、サプリメントと一緒に入っている
乾燥剤を無くしてしまった場合は、
食品用に作られた乾燥剤を購入するか、
米粒を入れるなどして対処すればよいと思います。

サプリメントはあくまでも,
日頃の不足した栄養を補うものであり、
基本となるのは毎日の食事です。

1日3食をしっかりと食べ、
どうしても不足してしまう栄養素を
サプリメントで補い、
適度な運動、規則正しい生活をしましょう。